患者さんに適した、最も低侵襲な治療

整形外科を専門とする「岩井グループ」三院目となる「岩井FESSクリニック」開院、
低侵襲な(傷が小さく、お身体への負担が少ない)脊椎手術に特化した治療をご提供いたします。
院長  古閑比佐志

FESS手術、年間約300件以上の実績 岩井FESSクリニック 院長あいさつ

当サイトへアクセス頂きありがとうございます。まず初めに当院の名称について説明させて頂きます。FESS(フェス)とはあまり聞いたことがないかと思いますが、Full-endoscopic spine surgery(内視鏡脊椎手術)の略称です。FESSはPELD(〈またはPED〉外径約7mmの内視鏡手術)と呼ばれていた患者さんへの負担が少ない脊椎手術と同様の用語です。ただしPELDが腰のヘルニアの手術だけの略称であったのに対して、FESSは腰椎だけでなくすべての脊椎を、そしてヘルニアだけでなく狭窄症など他の病気も包含しています。

岩井医療財団では、これまで岩井整形外科内科病院と稲波脊椎・関節病院という2か所の病院で低侵襲な脊椎手術に特化した治療を行ってまいりました。近年、FESSに対する患者様からのご要望が大変多くなっており、このたびFESSに特化したクリニックを岩井整形外科内科病院のすぐ隣に開院することとなりました。大がかりな手術を回避することを目標に日々技術の向上に努めておりますので、ヘルニア以外でも脊椎疾患でお困りの方は一度ご相談いただければ幸いです。

岩井FESSクリニック紹介

当クリニックの診療内容、FESS手術についてご案内します。

低侵襲の脊椎手術に特化したクリニック 岩井FESSクリニック 診療内容

当院は外来診療(神経学的検査や画像診断、ブロック等は行います)のみのクリニックです。外来診療で手術が必要と判断されましたら、グループ病院の岩井整形外科内科病院(住所:東京都江戸川区)や稲波脊椎・関節病院(住所:東京都品川区)での手術日程を調整させていただきます。患者さんの利便性に合わせて、いずれかの病院をお選びできるよう調整してまいりますので、その旨ご遠慮なくご要望していただければと思います。また、遠隔地から当院の診察をご希望の方には遠隔診療という方法で、当院にご来院頂かなくとも適切なアドバイスができるよう努めてまいります。当院は完全予約制となりますので、お電話にてご予約をお取りください。

外径約7mmの内視鏡を利用した
入院期間2~3日の内視鏡下手術
岩井FESSクリニック FESS手術

FESSとは「Full-endoscopic spine surgery」の略称で、脊椎疾患に対する最も低侵襲な(傷が小さく、お身体への負担が少ない)手術方法です。従来の内視鏡下手術では傷の大きさが18~20mm、入院期間が約7日間だったのに対し、FESSでは傷は約7mm、2~3日で退院可能です。

そもそもFESSは、PELD(Percutaneous Endoscopic Lumbar Discectomy)と呼ばれる手術が進化した術式です。PELDでは「腰の椎間板ヘルニア」しか治療できなかったのに対し、FESSでは腰だけでなく首も治療可能です。さらに、椎間板ヘルニアだけでなく脊柱管狭窄症などの他の脊椎疾患に対する治療も可能となりました。