患者さんに適した、
最も低侵襲な治療をご提供いたします

岩井FESSクリニックは、より低侵襲な脊椎手術FESSに特化したクリニックです。
腰や首の痛み、脊椎疾患などでお困りの方はお気軽にご相談ください。
院長 古閑比佐志
院長  古閑比佐志

FESS手術、年間約300件以上の実績 岩井FESSクリニック 院長あいさつ

当サイトへアクセス頂きありがとうございます。まず初めに当院の名称について説明させて頂きます。FESS(フェス)とはあまり聞いたことがないかと思いますが、Full-endoscopic spine surgery(内視鏡脊椎手術)の略称です。FESSはPELD(〈またはPED〉外径約7mmの内視鏡手術)と呼ばれていた患者さんへの負担が少ない脊椎手術と同様の用語です。ただしPELDが腰のヘルニアの手術だけの略称であったのに対して、FESSは腰椎だけでなくすべての脊椎を、そしてヘルニアだけでなく狭窄症など他の病気も包含しています。

岩井医療財団では、これまで岩井整形外科内科病院と稲波脊椎・関節病院という2か所の病院で低侵襲な脊椎手術に特化した治療を行ってまいりました。近年、FESSに対する患者様からのご要望が大変多くなっており、このたびFESSに特化したクリニックを岩井整形外科内科病院のすぐ隣に開院することとなりました。大がかりな手術を回避することを目標に日々技術の向上に努めておりますので、ヘルニア以外でも脊椎疾患でお困りの方は一度ご相談いただければ幸いです。

岩井FESSクリニック紹介

低侵襲な脊椎手術に特化 岩井FESSクリニック

当院は整形外科を専門とし、腰や首の疾患を中心に外径約7mmの内視鏡を利用した低侵襲な脊椎手術FESSに特化したクリニックです。岩井グループ全体の脊椎内視鏡下手術は14,000件以上の実績がございます。

入院期間2~3日の内視鏡下手術 FESS(フェス)

FESSは脊椎疾患に対する最も低侵襲な(傷が小さく、お身体への負担が少ない)手術方法で、PELDと呼ばれる手術が進化した術式です。FESSでは傷は約7mm、入院期間2~3日で退院可能です。

PC・スマホを利用してご自宅から受診可能 オンライン診察

「遠方にお住まいの方」「通院が困難な方」などを対象にご自宅から受診できるオンライン診察を行っております。古閑院長に手術適応や治療方針についての相談が可能です。

新着情報

岩井FESSクリニックの新着情報をお届けします。

お知らせ

2019年11月11日患者さんへ
DPELスコープによる腰部脊柱管狭窄症の治療を開始致しました。
2019年07月26日患者さんへ医療関係者へ
当院院長のブログ「脊椎内視鏡外科医 古閑比佐志 公式サイト」を公開しました。脊椎内視鏡下手術についての情報を随時掲載していきます。
2019年05月01日患者さんへ
低侵襲な脊椎手術に特化した治療をご提供する「岩井FESSクリニック」開院のお知らせ

Facebook

クリニック概要

病院名医療法人財団 岩井医療財団 岩井FESSクリニック
開院2019年5月1日
開設者稲波 弘彦(いななみ ひろひこ)
管理者古閑 比佐志(こが ひさし)
標榜科目整形外科
診察受付時間午前:8:15~10:30、午後:12:30~15:00
予約受付時間午前:8:30~11:00、午後:13:00~16:00
電話番号03-5694-4976
所在地〒133-0056 東京都江戸川区南小岩8-18-4 第2杉浦ビル 101号室
アクセスJR総武線小岩駅から徒歩5分
このページをシェアする