診療案内

当院は外来診療(神経学的検査や画像診断、ブロック等は行います)のみのクリニックです。外来診療で手術が必要と判断されましたら、グループ病院の岩井整形外科内科病院(住所:東京都江戸川区)稲波脊椎・関節病院(住所:東京都品川区)での手術日程を調整させていただきます。患者さんの利便性に合わせて、いずれかの病院をお選びできるよう調整してまいりますので、その旨ご遠慮なくご要望していただければと思います。また、遠隔地から当院の診察をご希望の方にはオンライン診察という方法で、当院にご来院頂かなくとも適切なアドバイスができるよう努めてまいります。

岩井FESSクリニック 外観
診察受付時間
  8:15~10:30
12:30~15:00

古閑院長外来、 岩井副院長外来、
オンライン診察、/ 休診
[診療科] 整形外科 休診日:日曜、祝日

  • 診察は完全予約制となっております。お電話または受付窓口でご予約を承っております。

治療方針

できる限り患者さんのご希望に沿うよう低侵襲の治療を心掛けます。FESSのみでなく、より低侵襲の治療で患者様の病態に適応があれば、ヘルニコアの注入Disc FXなどの治療も岩井整形外科内科病院、稲波脊椎・関節病院と連携して積極的に行ってまいります。FESSに関しましては古閑が診察した患者さんは特別な理由がない限り(手術に緊急性があり、できる限り早期に実施しないとならない場合など)古閑が執刀致します。

また、FESSによる治療がどうしても不可能で固定術等が必要な場合は、内視鏡下の低侵襲な固定術が受けられるように連携する岩井整形外科内科病院、稲波脊椎・関節病院にご紹介させていただきます。検査の結果、どのような治療方法が選択されるにしても、患者さんに合致した最も低侵襲な治療を岩井医療財団として提供できるよう、最大限の努力をしてまいりますことをお誓い申し上げます。

FESS(フェス)について

外径約7mmの内視鏡を利用した
入院期間2~3日の内視鏡下手術
岩井FESSクリニック FESS手術

FESSとは「Full-endoscopic spine surgery」の略称で、脊椎疾患に対する最も低侵襲な(傷が小さく、お身体への負担が少ない)手術方法です。従来の内視鏡下手術では傷の大きさが18~20mm、入院期間が約7日間だったのに対し、FESSでは傷は約7mm、2~3日で退院可能です。

そもそもFESSは、PELD(Percutaneous Endoscopic Lumbar Discectomy)と呼ばれる手術が進化した術式です。PELDでは「腰の椎間板ヘルニア」しか治療できなかったのに対し、FESSでは腰だけでなく首も治療可能です。さらに、椎間板ヘルニアだけでなく脊柱管狭窄症などの他の脊椎疾患に対する治療も可能となりました。

FESS手術のメリット

Merit1

傷痕が目立ちません

従来の内視鏡下手術で利用する内視鏡よりも、小さな内視鏡を使用する為、切開が小さく済みます。FESSの皮膚切開は7mm、従来の内視鏡下手術の皮膚切開は18~20mmです

Merit2

早期社会復帰

皮膚切開が7mmと小さく身体への負担が少ない為、入院期間が短くて済みます。当グループでは、手術後2~3日で退院される方が多いです。

Merit3

健康保険適用

当グループのFESS手術は、健康保険が適用されます。入院・手術費は¥200,000 ~ 250,000です。

  • 健康保険適用(3割負担)、入院日数2~3日の場合の金額です。あくまで概算になりますので、診療内容や入院日数により増減致します。

FESS手術の主な対象疾患

腰椎椎間板ヘルニアすべてのタイプの腰椎椎間板ヘルニアに対応可能です。また、他病院での術後再発なども可能な限り対応させて頂きます。
腰椎外側陥凹狭窄腰部脊柱管狭窄症の一種です。片方の下肢の痛みを生じます。
腰椎椎間孔狭窄自然に発生する場合もありますが、固定術後や圧迫骨折後などにも生じることがあります。すべてのタイプの椎間孔狭窄にFESSは対応可能です。
頚椎症性神経根症加齢による変性で神経根が圧迫され片方の上肢の痛みが生じます。
頸椎椎間板ヘルニア片方の上肢の痛みが生じる外側型のヘルニアにのみ現時点では適応があります。
  • 患者さんの症状は人それぞれ大きく異なっていて、一つの病名で説明できない場合もしばしばあります。まずは診断を受けたいという方も、どうぞご来院ください。

FESS手術実績

  • 岩井グループ全体でのFESS手術実績。
  • このページをシェアする